農家のやる気まんまんブログ


by bseqfbef7y
 今年の元日に東京都大田区内の公道で集団暴走をしたなどとして、警視庁は18日、大田、品川区在住の無職少年ら7人(いずれも16歳)を道交法違反(共同危険行為など)の疑いで逮捕したと発表した。

 同庁幹部によると、少年らは今年1月1日未明、「初日の出暴走」と称し、バイク計7台に分乗し、大田区内の路上で信号無視や蛇行運転を繰り返し、追跡する警察車両に道路工事用のコーンを投げつけるなどした疑い。逮捕者はいずれも、大田、品川の両区を拠点とする暴走族メンバー。

農薬工場の廃液タンクが爆発=従業員駐車場の車を直撃−静岡(時事通信)
東京で桜が開花 平年より6日早く(産経新聞)
ネット違法情報 削除せぬ管理者、刑事責任追及へ…警察庁(毎日新聞)
就活のために留年する学生支援  大学に広がる「卒業延期制度」(J-CASTニュース)
JR京葉線、強風で始発から運転見合わせ(読売新聞)
[PR]
# by bseqfbef7y | 2010-03-23 16:34
 訪問介護を受けていた女性=当時(92)=が薬物を投与され殺害された事件で、大阪地検は17日、殺人と現住建造物等放火などの罪で、自称霊能力者で指示役の寺谷均美(53)と元介護士で実行役の田向啓子(53)の両容疑者を起訴した。

 起訴状によると、田向被告は寺谷被告の指示を受け、平成19年4月3日夜、大阪市西成区の女性宅で、女性に多量の精神安定剤を投与し衰弱させ、5月2〜18日に睡眠導入剤を投与したり、インスリンを注射したりして、27日に肺炎で死亡させた。

 また、20年5月25日には同住宅に侵入し、現金4万2千円のほか、記念メダルなど約45点を盗んだ上、布団にライターで放火し、半焼させたとしている。

【関連記事】
殺人容疑の信者供述「インスリン、霊能力者が家族から」 霊能力者事件
自称霊能力者と信者の女を殺人と殺人未遂容疑で再逮捕 大阪府警
有名「霊能力者」らを提訴 「悪質な霊感商法」と原告
「教祖」の女、信者に窃盗させ再逮捕
【衝撃事件の核心】放火を“予言”してお布施要求 信者をあやつった女霊能力者

「北陸」と「能登」にお別れ、「撮り鉄」集合(読売新聞)
都の高齢者、「支えられる」から「社会を活性化」へ―協議会が最終報告(医療介護CBニュース)
捕獲禁止で見守るのみ…衰弱オットセイやっと保護(読売新聞)
【ぐるり地球紀行】今回は「タイ・イサーン」をぐるり(産経新聞)
阪神なんば線開業1年 商機つないだ新線力 百貨店・ホテル・大学潤う(産経新聞)
[PR]
# by bseqfbef7y | 2010-03-19 09:09
 子どもの貧困問題解決に向けた法案作成を目指し、民主党国会議員有志が議員の会を結成し、15日に設立総会を開いた。会長に西岡武夫参院議員が就任、衆参の計71議員が入会した。総会に引き続き勉強会を開き、この問題に取り組む団体の関係者と研究者から意見や課題などを聞いた。

民主・輿石氏、核密約認定は「政権交代の成果」(産経新聞)
皇太子さま帰国=ガーナなど公式訪問終え(時事通信)
メタボ健診 見直し提言 肥満でない人も循環器病に注意(毎日新聞)
<NEC部長自殺>業務と関係と労災認定 東京地裁判決(毎日新聞)
Microsoft、「Silverlight 4」のRC版をリリース
[PR]
# by bseqfbef7y | 2010-03-17 17:02
 名古屋高検は、男性検事(44)が女性のスカート内を盗撮しようとしたとして、愛知県警から県迷惑防止条例違反の疑いで任意で取り調べを受けていると15日発表した。

 現在は業務に携わっていないといい、同高検は県警の捜査を待って処分を検討する。

 同高検によると、この検事は今月8日朝、名古屋市千種区のバス停で、近くに並んでいた女性のスカート内をカメラ付き携帯電話で撮影しようとした疑いが持たれている。検事は同日、電話で上司に報告し、事実関係を認めたうえ、目撃者がいたため撮影は断念したと話しているという。

 検事は1995年に任官し、2008年に同高検に配属され、脱税などの経済事件を担当している。

 同高検の松井巌次席検事は「被害者や関係者に多大な迷惑をかけただけでなく、国民の検察に対する信頼を大きく損ない、深くおわびする」と謝罪した。

<諫早湾>干拓事業開門 政府・与党検討委初会合(毎日新聞)
トランス脂肪酸、自主表示を=メーカーに通知へ−消費者庁(時事通信)
【二〇三〇年】エピローグ 「百年後の日本」 選び取る未来 自ら開く道(産経新聞)
<火災>1人暮らし69歳?死亡 兵庫・宝塚(毎日新聞)
橋下知事が朝鮮学校視察「総書記の肖像撤去を」(読売新聞)
[PR]
# by bseqfbef7y | 2010-03-16 11:01
 同志社大学理工学部の研究室で、直接吸い続けると塵肺(じんぱい)を発症する可能性もあるアルミニウムの粉など有害な化学物質の粉塵を扱う実験の際、所属する約30人の学生らに専用の防塵マスクをつけさせていなかったなどとして、京都南労基署が同大学に対して、労働安全衛生法に基づく口頭の注意をしていたことが11日、分かった。同研究室の責任者の男性教授(59)が長年、適切な防護措置を怠っていたとみられ、労基署は同法違反で是正勧告することも検討している。

 関係者らによると、行政指導を受けた研究室は、同学部の無機合成化学研究室。アルミニウムや塩化アンモニウムなどの金属や化学物質の粉を加工して、家電製品に使う電子部品の材料などを作る研究を行っている。

 国が定めた「粉じん障害防止規則」によると、集塵機能を持つ換気装置が備わっていない場合、アルミニウムの粉を扱う際には、国家検定で認められた防塵マスクを必ず着用しなければならないとされている。しかし、男性教授は、実験中に研究室の換気装置を作動させていなかったうえ、研究者や大学生、院生に粉を乳鉢で混ぜる作業中、防塵マスクではなく、風邪用のマスクを着用させていた。

 学生たちには粉塵の危険性が知らされておらず、最高3年間、防塵マスクをつけずに実験をしていた学生もおり、一部は、のどや目の痛みの症状を訴えているという。

 呼吸器難病の研究を行う近畿中央胸部疾患センターの坂谷光則院長(呼吸器病学)は「アルミニウムの粉を吸い続けると、塵肺の中でも進行がはやい『アルミニウム肺』になる可能性がある。アルミニウム肺になると、気胸をおこしやすくなり最悪の場合、死に至ることもある。研究室は、危険性を学生に伝え、徹底した安全管理をするのが常識だ」と話している。

 同大学は産経新聞の取材に「防塵マスクをつけていなかった学生がいたことは聞いている。今後、対応を検討したい」としている。

【関連記事】
小学校教師「理科嫌い」 文系出身で抵抗感
人類はどこまで速く走れるか− 瞬間時速69キロ
チンパンジーは自分の名前を判別 滋賀県立大学などの研究で判明
コムソルが汎用模擬実験ソフトを開発 研究開発者から生産現場の設計者まで
東北大の論文不正問題 元助教が仮処分申し立て

相次ぐ悲劇 「夫に似てかわいくない」 親のストレスはけ口(産経新聞)
山崎まさよしさん 結婚 「僕はここにいる」などがヒット(毎日新聞)
土庄高卒業生3人が通学フェリー船長に花束 香川・小豆島(産経新聞)
岩手の高校、監督教員の携帯鳴り試験やり直し(産経新聞)
<自民幹事長>徴兵制を検討? 誤報で談話撤回(毎日新聞)
[PR]
# by bseqfbef7y | 2010-03-11 16:30