農家のやる気まんまんブログ


by bseqfbef7y
 雄の子豚から未熟な精巣組織を採取し、マウスの体内で精子を成熟させてから、体外で雌豚の卵子に授精させる方法で、世界で初めて子豚が誕生した。農業生物資源研究所(茨城県つくば市)と麻布大(神奈川県相模原市)が2日発表した。この技術は、食用豚を品種改良する際、1世代の間隔を短くしたり、野生豚の希少種の絶滅を防いだりするのに応用が期待される。
 同様の研究成果は、京都大と明治大、理化学研究所の研究チームが2002年に、ウサギの精巣組織をマウス体内で成熟させる方法で、子ウサギを誕生させたと発表した例がある。今回、家畜で初めて成功し、技術の実用化に向け一歩前進した。論文は英科学誌リプロダクションに掲載された。 

【関連ニュース】
代替不可能な遺伝子にも代役=iPS細胞作製法、マウスで成功
iPS細胞の誕生過程撮影=メカニズム解明に前進
大豆のゲノム解読=品種改良など応用期待
炭素分子2個の融合を観察=新薬開発などに貢献
ウナギの起源は深海魚=回遊の謎、DNA分析で解明

次回介護報酬改定で保険料上昇を示唆―山井政務官(医療介護CBニュース)
グアム視察「海兵隊移転で」=官房長官(時事通信)
<名古屋ひき逃げ>車内に毛髪、血痕…逃走の男女、負傷か(毎日新聞)
<屋久島>縄文杉登山道、中旬までに迂回路(毎日新聞)
ネイルサロンも衛生管理を=健康被害受け、指針策定へ−厚労省(時事通信)
[PR]
# by bseqfbef7y | 2010-02-07 11:09
 民主党の小沢一郎幹事長が土地購入事件で刑事責任を問われた場合に幹事長を辞任する考えを示唆したことを受け、前原誠司国土交通相は2日夕の記者会見で「私もメール問題などで自ら判断して(民主党)代表を辞めた。責任ある立場の方は自分の判断が大事だ」と述べ、幹事長辞任を暗に求めた。

 前原氏は「私も現時点では幹事長の続投に賛成だ」としながらも「新たな局面が生じた場合は自浄能力を発揮する必要があるのではないか」と述べた。

 千葉景子法相は「政治家のみならず、やはり刑事責任を問われることは重い」と発言。渡部恒三元衆院副議長は「(幹事長辞任は)当然のことだ。場合によっては議員辞職もあるな」と指摘した。社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相は「(小沢氏は)政治家として国民に説明責任を尽くすべきだ。国民はちゃんとした説明を聞きたいと思っている」と述べた。

 一方、鳩山由紀夫首相は2日朝、小沢氏の責任論について「検察が捜査しているので冷静に見守ることが大事だ。今日までの小沢幹事長の活動を考えれば当然、小沢幹事長に選挙も仕切ってもらいたい」と小沢氏に続投を求める考えを強調。2日夜には「(続投は)今の段階での話だ。(起訴された場合など)仮定の話に答える必要はない」と微妙に修正した。

 また、首相は2日の衆院本会議で「検察の捜査による(疑惑)解明も処分も定まらない段階で、自浄能力を声高に叫ばれることは適切でない」と述べた。

【関連記事】
小沢氏再聴取 議員辞職が責任の取り方
民主七奉行の小沢氏批判 声上げた途端に…
小沢氏に民主内から集中砲火 捜査大詰めの中、辞任要求も
小沢氏聴取 枝野・前原氏、相次ぎ「けじめを」
小沢氏に「けじめ」要求 前原国交相と枝野氏も

小沢幹事長は不起訴、東京地検特捜部が方針(読売新聞)
<銀座高級時計窃盗>捜査員を来月香港に派遣へ 警視庁(毎日新聞)
丸ノ内線が運転再開も停電でまた全線ストップ(産経新聞)
<平城遷都1300年祭>入札工事6件、くじ引きで落札−−奈良(毎日新聞)
雑記帳 「名水対決」名古屋市長、富山に1票(毎日新聞)
[PR]
# by bseqfbef7y | 2010-02-06 14:25
 鳥取の連続不審死に続き、首都圏で起きた連続不審死も1日、殺人容疑で女が逮捕された。交際中だった大出嘉之さん(当時41歳)を殺害したとされる木嶋佳苗容疑者(35)は料理が得意など家庭的な面を持つ一方、周囲に「吉川桜」と名乗るなど虚言を重ねていた。その軌跡をたどると、男性に結婚話を持ちかけてはカネをだまし取っていたとされる時期に、ぜいたくな生活ぶりをエスカレートさせていた様子が浮かび上がる。

 ◇「地味な人」トラブル絶えず

 「料理、洗濯、掃除。家事は完ぺきだったね。パスタなんか店で食べるよりうまいんだもん」。昨年9月に木嶋容疑者と一時同居した千葉県野田市の男性(46)は、当時をそう振り返る。

 男性によると、出会い系サイトで知り合った木嶋容疑者は「始めようとしたお菓子教室がうまくいかず、マンションの家賃を滞納して部屋を出ないといけない」と訴え、男性宅で同居を始めた。「家政婦代わりと思ってください」「お金は私が預かっておきたい」などと言って男性から約450万円を受け取ったが、同居7日目の9月25日、別の男性に対する詐欺容疑で埼玉県警に逮捕された。

 2日後。男性が天井を見ると、火災報知機がなくなっていた。七つある全部屋から報知機が撤去されていた。同市内では昨年5月、彼女が出入りしていた安藤建三さん(80)方が燃え、安藤さんが死亡している。

 <早く野田に帰りたい。あなたとのことが心の支え>。拘置中の木嶋容疑者は弁護士を通じ、そう伝えてきたという。だれが報知機を外したのか分からない。ただ、もう男性に同居する気はない。

    ■

 木嶋容疑者は北海道別海町の出身。

 4人姉弟の長女で、クラシック好きの父親とピアノ教師だった母親の影響で、小さいころからピアノを習った。地元の知人らは、「父親が大好きな『お父さん子』。礼儀正しく素直だった」「料理好きの母親の影響か、ケーキや、クッキーを焼いていた」と振り返る。

 変化が表れたのは中学から高校時代。高校はバス通学していたが、朝、バス停と別方向に歩く姿を近所の人によく目撃された。

 卒業の際は東京に本社を置く大手食品会社に就職すると報告。しかし同社の広報担当者は「記録がなく、確認できない」と言う。

 ◇働いている様子なく

 高校卒業から3年後の96年4月、木嶋容疑者は東京にある東洋大の経営学部に入学したが、授業料などの未払いから1年で除籍された。97年ごろから住み始めた東京都板橋区徳丸のマンションでは「ピアノ講師」を名乗っていたが、働いている様子はなく、よく家賃を滞納したという。

 管理人によると、ある日、隣のごみ置き場に段ボールが突っ込まれ、苦情が来た。張りつけられたままの伝票を見ると、あて先の住所は木嶋容疑者の部屋なのに、名前は「吉川桜」と書かれていた。

 03年3月、木嶋容疑者は「安達学美」名でネットにパソコンを売ると書き込み八丈島の男性から10万円を詐取したとして、警視庁に逮捕された。知人によると、心配した木嶋容疑者の父親が再三上京。その父は05年9月、北海道羅臼町のがけ下に転落していた車から遺体で見つかった。事故とも自殺とも言われた。

    ■

 06年10月、木嶋容疑者は板橋区上板橋のマンションに転居。住民の一人は「化粧気のない地味な人」と振り返るが、周囲でトラブルが相次ぐようになる。

 捜査関係者によると07年8月、知人だった千葉県松戸市の男性(当時70歳)が、経営していたリサイクルショップ内で死亡。男性は木嶋容疑者に計7400万円を渡していた。さらに起訴状によると、木嶋容疑者は08年9月〜09年9月に計6人の男性に結婚話を持ちかけ、うち3人から七百数十万円を詐取したとされる。

 このころ彼女が書いていたブログによると、高級店で再三食事をし、外車を2度購入。受講料3カ月70万円の高級料理教室にも通い始めていた。捜査関係者によると、昨年逮捕された時の彼女の口座残高はほぼゼロだったという。

 「あの子の舌は確かだった。セレブ気取りで高いものに手を出していたんじゃない」。料理の情報を交換していた知人女性はそう信じる。ただ、この知人も木嶋容疑者の名前を「吉川桜」と思い込んでいた。

 「どこまで本当の話で、どこからウソか、分からない。吉川桜って、彼女が作り上げた、なりたかった人間だったんじゃないかな」

【関連ニュース】
連続不審死:埼玉の事件、35歳女を殺人容疑で再逮捕
<鳥取不審死>強盗殺人容疑で36歳女を再逮捕
緊急報告:鳥取連続不審死/上(その1) 36歳女再逮捕 「疑惑」ついに事件へ
緊急報告:鳥取連続不審死/上(その2止) 真相解明どこまで 県警「捜査中」連発
緊急報告:鳥取連続不審死/下 「信じるよ」鍵預け… 上田容疑者の隣人、58歳男性

「10月11日ごろ受領」=小沢氏「貸付金」、石川議員供述−土地購入事件(時事通信)
「10月11日ごろ受領」=小沢氏「貸付金」、石川議員供述−土地購入事件(時事通信)
高額日当、総務省顧問に国会議員OB11人(読売新聞)
<峰崎副財務相>「国際線は1社体制でいい」 日航再建で(毎日新聞)
東海道新幹線 運転を再開…架線切れ一時ストップ(毎日新聞)
[PR]
# by bseqfbef7y | 2010-02-05 19:07
 東海道から甲府へつながる「鎌倉往還」の途中に「御坂峠」がある。山梨県富士河口湖町と笛吹市にまたがる「御坂(みさか)峠」。昔なら東海道から甲府へつながる鎌倉往還の途中で、現在は国道137号の旧道となる。富士河口湖町側の新御坂トンネル手前から旧道に入り、車で15分ほど進むと、格別の富士山がそびえる。この眺望に旅人の心が洗われるのは今も昔と変わらない。作家、井出孫六氏は昭和57年出版「日本百名峠」でひとつに数えている。

■まるで風呂屋のペンキ画…

 昭和の始めに「御坂隧道」ができ、脇に茶屋ができた。

 この茶屋から眺める霊峰は大空に浮かぶかのようにそびえる。

 真下には河口湖が箱庭のように存在する。文士たちはこの景色に酔った。

 茶屋は昭和9年創業で「天下茶屋」といい、現在も営業中。創業当時、「富士見茶屋」とか「天下一茶屋」といったらしいが、徳富蘇峰が茶屋を新聞で「天下茶屋」と紹介したことで、この名が世に定着したという。

 太宰治はこの絶景を「まるで風呂屋のペンキ画だ。どうにも注文どうりの景色で」と「富嶽百景」に書き残した。

 霊峰が均整のとれた姿をみせている証だろう。

■太宰のテーブルと火鉢がいまも…

 太宰は師、井伏鱒二を追って昭和13年9月13日、天下茶屋をたずねた。

 甲府市からバスに1時間ほど揺られて着いた。

 茶屋の店員さんにたずねると、「富嶽百景」に登場する「おかみさん」は茶屋の初代主人、外川(とがわ)政雄さんの妻、ヤエ子さんを指し、「娘さん」はヤエ子さんの妹だと教えてくれた。

 井伏の薦めで太宰も天下茶屋に滞在。2階の一室でたばこをくゆらせ、「火の鳥」の執筆を始めたといわれる。

 太宰が使ったテーブルと火鉢はいまも茶屋に残る。

 太宰が茶屋に滞在したのはその年の11月15日まで。厳冬期の富士山をみていない。

 みてもまた「風呂屋のペンキ画」といっただろうか。(牧井正昭)

【関連記事】
生田斗真“自信作”初主演映画「人間失格」
雄山荘焼失「寂しいが一つの区切り…」 太宰の娘、太田治子さん
松たか子主演「ヴィヨンの妻」 注目度UPで公開延長
森田知事と野口健さんが雑木林で清掃活動
2月23日に「富士山の日」記念行事 静岡・富士宮市

【偽りの果てに 連続婚活詐欺・不審死事件】(下)供述・決定的証拠なし(産経新聞)
雑記帳 映画「京都太秦物語」完成披露試写会行われる(毎日新聞)
朝青龍の聴取検討=経緯確認のため双方から−飲酒暴行問題で警視庁(時事通信)
加藤被告、謝罪し起訴事実認める…秋葉原事件(読売新聞)
ボンバル機引き返し=警告灯が点灯−大阪空港(時事通信)
[PR]
# by bseqfbef7y | 2010-02-04 19:13
国土交通省関東運輸局は29日、東海道新幹線の輸送障害について、東海旅客鉄道に対して警告文書を手渡した。

警告文書は、関東運輸局中山康二鉄道部長から、東海道旅客鉄道吉川直利新幹線鉄道事業本部長あて。

「鉄道の安全安定輸送については機会あるごとに指導してきたものであるが、本日の事象は旅客に多大な影響を与え、誠に遺憾。早急に原因究明を行い、再発防止措置を講じるよう警告する」というもの。

東海旅客鉄道勝治秀行安全対策部長が、同日午後9時45分頃に受け取った。

《レスポンス 中島みなみ》

【関連記事】
車両接近通報装置、課題解決はメーカーに
乗りたい分だけ借りる…ファミリーマートでカーシェア開始
国土交通省 特別編集
JR東海 特別編集
鉄道(電車、列車、地下鉄、LRT、貨物) 特別編集

船体前方に弾痕集中=銃撃受けた漁船2隻−1管(時事通信)
大阪・堺で2人組タクシー強盗(産経新聞)
皮膚から神経細胞作製=iPS経ず、遺伝子導入で直接変換−マウスで成功・米大学(時事通信)
国内医療用医薬品の不振も、大幅な増収増益―塩野義製薬(医療介護CBニュース)
氷柱 荒川覆う“冬の芸術” 埼玉・秩父(毎日新聞)
[PR]
# by bseqfbef7y | 2010-02-03 19:25